ノウハウ

【運命の出会いは存在しない!?】人が恋をする理由がとても悲しい事実でした・・・

人が恋をする理由について管理人のミリがわかりやすくご紹介します。

この記事でわかる事

  • 恋愛の定義は一緒にいたいという気持ち
  • 恋愛は不倫から始まった!?
  • 恋愛の機能について

ミリ
ミリ

突然ですが人はなぜ「恋」に落ちると思いますか?

ワカコ
ワカコ

え!何だろう・・・全然わからない

ミリ
ミリ

答えは「恋する感情がないと人類が途絶えてしまうから」です。

子孫を残す事は人類に限らず全ての生物で生きていく上で最大の目的の一つです。

でも、恋愛の過程を経て子孫を残すのは生物の中でも人類のみと言われています。

ワカコ
ワカコ

何の必要があって恋愛をするのかしらね

今日は「恋」について皆さんが深く知る事が出来るように

恋愛の構造から歴史までをご紹介致します。

結婚仲介所

恋愛の定義とは?

恋愛とは大まかに以下のように定義されています。

「特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を分かち合いたい、できるなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと」

「特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔いないと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと」

引用元:新明解国語辞典

 

 

要約すると一緒にいたいと思う気持ちが芽生えればそれは恋愛の始まりということなんです。

実は恋愛は不倫を元に発明された!?

ミリ
ミリ

次に恋愛の歴史を紐解いていきましょう。

実は恋愛はヨーロッパにおいて「恋愛は12世紀の発明」と言われています。

当時は性の乱れが問題視されていた時代、

純粋な恋愛を歌う「トゥルバドゥール」と呼ばれる吟遊詩人たちが登場しました。

彼らは、身分の高い既婚の貴婦人たちに憧れを持つようになっていったんですね。

でもこの愛は相手が身分の高い既婚者である為、決して報われません。

ワカコ
ワカコ

だからこそ熱く燃え上がるのね(笑)

困難なものこそ手に入れたい人間の性ですね。

このような恋愛は

「騎士道恋愛」

「宮廷風恋愛」

と呼ばれ、騎士にとって恋愛は自分に試練を課し、

困難を乗り越えて精神を高めていく行為として周知されました。

この騎士道恋愛こそが原形となり恋愛は生まれました。

ミリ
ミリ

つまり恋愛の元は不倫から始まったのです。

人が恋をする本当の理由は妥協させる為!?

ミリ
ミリ

さて、ここで本題に入りましょう。

人が「恋」をするということ。

とても当たり前の事のように思えますが、

なぜ人が「恋」をするのかということを考えて「恋」をする人はいないと思います。

「恋」は子孫を残す為、異性同士がひかれ合うための必要な仕組みとして残したのでしょうか?

確かに、子供を作るという事は「自分の遺伝子を残す」という生物にとって最も大切な目的である為

それも1つの答えかもしれません。

でも、それに関しては性欲だけで解決出来るはず。

恋愛とはまた別になります。

では一体、なぜ「恋」をするのでしょうか?

この答えを見つける為に、まずは人間を1種の生物として見ていきましょう。

生物が進化していく過程で、基本的にいらない機能は捨てられていき、

必要な機能だけが残っていく傾向があります。

つまり「恋をする」という機能は必要性があって今日まで私達の身体に備わっているわけです。

東大教授(脳科学)の池谷裕二さんの著書「受験脳の作り方」という本に、

恋愛の機能について次のように説明されています。

恋愛とはある特定の異性に惹かれる感情です。恋愛すると、それ以外の多くの異性が世の中にいるにもかかわらず、目に入らなくなります。

それは自分が優秀だと感じた人間の子孫を残そうという意志の現れだと解釈されますが、もっとちがった捉え方も可能です。

世界には現在三十億の異性がいます。そのすべての異性に出会うことは不可能ですから、世界中から「本当」に自分にふさわしいたった一人の人間を選び出すことはできません。

つまり、人は皆、ある程度満足のいく相手で我慢しなければならない運命にあるのです。もっと自分に合った人が世界のどこかにいるかもしれないのに、身近な人で満足しなければならないのです。

この理不尽な状況を見事に解決してくれるものこそが「恋愛感情」です。「自分にはこの人以外考えられない」「この人こそ私のすべて」と脳に勘違いさせることで、満足感を補うのです。

実際、恋愛感情が冷めてしまうと、「なんでこんな人のことが好きだったのだろう」と自分のバカさ加減にあきれることすらあります。

私たちは地球上の全ての異性に会う事は出来ません。故に本当の運命の人を見つける事は不可能に近いです。

それでも子孫を残していく為に恋愛感情で脳を勘違いさせ、ある程度の異性で妥協させてしまおうというのが人が恋をする理由だというのです。

ワカコ
ワカコ

そうなんだー!すごい衝撃的な話ね!

ミリ
ミリ

妥協させるための機能だったとはね・・・

純愛ドラマや映画でよく見る「運命の出会い」も霞んで見えてしまいますね・・・

でも人類を滅ぼさせない為に無理やりでも「恋」をさせて関係を築かせる事は非常に合理的な機能だとも言えますよね。

それにこの機能のおかげで恋に落ちる瞬間のトキメキを体感することが出来るわけです。

  • 相手の事を深く理解しようとしたり
  • 悩んだり
  • 喧嘩したり

でもそれを経て人生のパートナーとして共に歩むことが「恋をする」事で出来る訳ですから、後悔はしませんよね♪

まとめ

やっぱり「恋」をする事は人にとってすごく必要な事だし、素敵な事だと思いました。

悲しい事実も多々ありましたが・・・

「恋」する事なく、ただただ子孫を残すためだけに男女が出会うだけの世界だったら、それはやっぱり悲しいですよね

「恋」する事は素敵な事です。皆さんもどんどん「恋」していきましょう。


結婚仲介所