婚活

【田舎暮らしで異性と出会いがないあなたへ】地方に住む人向けのオススメ婚活方法を伝授!

地方で住む人向けのオススメ婚活方法について婚活歴3年の筆者ミリがご紹介します。

地方にお住まいの方だと

  • 「出会いのきっかけが全然ない」
  • 「婚活パーティーなど開催されているイベントも少なく、出会いの場がない」

この様に異性との出会いに困っている人が多いと思います。

ミリ
ミリ

出会いに乏しい地方・田舎住まいの方は出会いに行動する事が必要不可欠です。

そんな田舎にお住まいの方で婚活・出会いに困っている方は是非今回の記事を参考にして下さいね。

田舎・地方の人口・男女比

はじめに、地方・田舎住まいの方が異性と出会いにくい理由を探ってみましょう。

【都会】と【田舎・地方】を人口の数と男女比で比較してみましょう。

①人口

まずは人口が多い都道府県と少ない都道府県を比べてみましょう。(2015年調べ)

<人口が多い都道府県ランキング>

1位:東京都 1351万人

2位:神奈川県 912万人

3位:大阪府 883万人

4位:愛知県 748万人

5位:埼玉県 726万人

<人口が少ない都道府県ランキング>

1位:鳥取県 57万人

2位:島根県 69万人

3位:高知県 72万人

4位:徳島県 75万人

5位:福井県 78万人

最も人口が多い東京は、最も人口が少ない鳥取の23倍の人が住んでいることになります。

単純に人口比では鳥取は、東京で出会える人の1/23しか出会えないという、大きな差があります。

地方で考えても、日本の全人口の33%が関東地方、3%が四国地方と偏りがあるので、

住んでいる場所で出会いの数が変わってきてしまいます。

②男女比

田舎・地方では、男女比に偏りがある都道府県もあります。

<男性が女性に出会いやすい都道府県ランキング>

1位 鹿児島県

2位 福岡県

3位 奈良県

4位 長崎県

5位 熊本県

<女性が男性に出会いやすい都道府県ランキング>

1位 栃木県

2位 茨城県

3位 愛知県

4位 静岡県

5位 群馬県

男性が女性に出会いやすいのは、九州と近畿となっています。

反対に、女性が男性に出会いやすいのは関東と中京圏です。

ミリ
ミリ

自分が住んでいる都道府県が、異性と出会いやすい都道府県だと嬉しいですが、逆に出会いづらい都道府県だと婚活が不安になりますね。

都会と田舎・地方では人口・男女比が異なる

みなさんの住んでいる都道府県は上記のランキングに載っていたでしょうか。

ご紹介したランキングを見ると、【都会】と【田舎・地方】では人口も男女比も大きく異なることが分かります。

人口が少なければ、それだけ出会いの数も少なくなります。

都会の婚活と、田舎・地方の婚活には差があるのです。

田舎・地方の婚活がうまくいかない原因

田舎・地方の婚活がうまくいかない原因は人口が少ない事以外にもあります。

考えられる原因は次の4つです。

田舎・地方の婚活がうまくいかない原因
  1. 出会いのイベントがない
  2. 結婚適齢期の若者が少ない
  3. 婚活しづらい雰囲気がある
  4. 年収が高い人が少ない

①出会いのイベントが少ない

田舎・地方では、都会に比べて、開催されている婚活パーティーの数が圧倒的に少ないです。

また、都会の婚活は、「年上男性好きのための婚活パーティー」「カメラが趣味の方の婚活パーティー」などバラエティー豊富ですが、田舎・地方ではあまり見かけません。

婚活において、婚活パーティーは出会いの大きな選択肢の1つです。

その婚活パーティー自体が少ないとなると、出会いの数が一気に減りますよね。

②結婚適齢期の若者が少ない

田舎・地方は結婚が早い人が多いのが特徴です。

都会ではまだ独身が多い30代でも、田舎・地方では、周りは既婚者ばかり・・・なんてこともあります。

同時に、働き盛りの若者は田舎・地方を出て、都会に行くパターンも多く、若者が少ないです。

ミリ
ミリ

田舎・地方の暮らす方は、都会に比べて早いうちから婚活しないと、出会いが少なくなる可能性が非常に高いので注意が必要です。

③婚活しづらい雰囲気がある

田舎・地方は、横のつながりが強いところが多いです。

そのため、婚活を始めると、「〇〇さんの家の子供は婚活を始めたらしい」と噂がすぐ広まることもあります。

そういったことに抵抗がある人にとっては、田舎・地方の婚活はハードルが高いと言えるでしょう。

④年収が高い人が少ない

田舎・地方は、都会に比べて平均年収が低いところが多いです。

<平均年収が高い都道府県ランキング>

1位:東京都 620万円

2位:神奈川県 560万円

3位:愛知県 544万円

4位:大阪府 541万円

5位:滋賀県 504万円

<平均年収が低い都道府県ランキング>

1位:青森県 371万円

2位:沖縄県 377万円

3位:宮崎県 379万円

4位:秋田県 379万円

5位:鳥取県 387万円

最も平均年収が高い東京都は、最も平均年収が低い青森県の「1.7倍」も平均年収が高いです。

田舎・地方は大企業が少ない都道府県も多く、年収が高いのは公務員だけというところもあります。

医者など年収が高い人もいますが、田舎・地方は人口も少ないため、必然的に人数も少なく、出会うのは難しいでしょう。

年収が高い人も出会いたい女性は、田舎・地方での婚活では見極めが必要となってきます。

また、婚活中の男性でも、田舎・地方では自分の年収を考えて、共働きが良いという人もいますよね。

田舎・地方暮らしの方は年収も念頭に置いて婚活する必要があります。

田舎・地方でオススメの婚活方法

さて、田舎・地方での婚活について述べました。

ここまでを見てみると

  • 「田舎・地方での婚活はハードルが高いのではないか」
  • 「良い異性と出会える気がしない」

この様に思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、田舎・地方でも方法を選べば、しっかり婚活を進めることができます。

ミリ
ミリ

ここでは、実例も踏まえて、田舎・地方でのオススメの婚活方法をご紹介します。

婚活方法① 行政が携わっている婚活パーティー

最近では、田舎・地方の若者に結婚してもらおうと、行政が婚活に力を入れている所もあります。

その中でも、行政が開催している婚活パーティーは、出会いの場として活用できます。

行政が携わっている婚活パーティーは

  • Uターン(就職・転職などで地元に戻ってくる)
  • Iターン(就職・転職などで都市部から田舎・地方に来る)

これらをターゲットにしている場合も多く、結婚適齢期の若者が集まりやすいのがポイントです。

参加費も安く、特に、婚活パーティー費用が高い男性には嬉しいイベントと言えます。

婚活初心者には着席型の少人数イベントがオススメ

行政が携わっている婚活パーティーの中でもオススメなのが、男女5名以下の少人数で、着席型のイベントです。

田舎・地方の若者は、婚活パーティー慣れしている人が少ないため、回転寿司のように男性が女性の元を順番に訪れていく形式は向いていません。

少人数で着席型のイベントの方が、じっくりと話すことができ、相手を知ることができます。

最近の行政が携わっている婚活パーティーは、少人数で開催しているところも多いです。

ミリ
ミリ

行政が開いた婚活パーティーに参加した男性の口コミをご紹介します。

32歳男性 Eさん
32歳男性 Eさん

田舎・地方では、出会い自体が本当に少ないので、行政主催の婚活パーティーは貴重な出会いの場です。

田舎・地方の婚活パーティーは、参加者が少ないので、大人数の婚活パーティーだと、何度も同じ人と出会う事があります。

しかし、少人数のパーティーでは、行政が何度も同じ相手と会うことがないように気を使ってくれるのでとても助かりました。

行政が携わっている婚活パーティーはサクラや冷やかしがいないので、安心して出会いを見つけられます。

特に男性は婚活中にサクラに悩まされることも多いので、その点でも安全で参加しやすいですね。

ミリ
ミリ

もし、婚活パーティーをお探しになるなら自由大手結婚情報センター【 Nozze】がオススメです。

【Nozze】は企業や自治体の婚活パーティーの開催も携わっており、きっと希望の婚活パーティーが見つかるので一度覗いてみましょう。

ノッツェ

【 Nozze】無料会員登録はこちら

婚活方法② 地域密着型の結婚相談所

田舎・地方の特徴の一つとして横のつながりが強い点が挙げられます。

その横の繋がりの強さを活かした婚活が、地域密着型の結婚相談所です。

都会の大手結婚相談所では、様々な形式があり、自分でパソコンを使って相手を探す形式から、専任のアドバイザーがついて相手を選んでもらう形式まであります。

対して、田舎・地方の地域密着型の結婚相談所は、昔ながらの「お見合いおばさん」に近い形式を取っているところが多いです。

ミリ
ミリ

実際に地域密着型の結婚相談所で成婚した男性の口コミがこちらです。

27歳男性 Iさん
27歳男性 Iさん

私は今まで彼女がいたことがなく、女性とどのように接したらいいのか分からないので婚活で悩んでいました。

もともと都会で働いており、都会の婚活パーティーに何度か参加するも、女性に慣れていないせいか、良い出会いがありませんでした。

転職をきっかけに田舎・地方に行くことになり、そこで地域密着型の結婚相談所に入会しました。

すると、アドバイザーが、女性慣れしていない私にしっかり寄り添ってくれ、女性との会話の仕方から教えてくれました。

私の良さを引き出してくれたおかげで、希望の女性とマッチングし、

マッチング後もデートからプロポーズまでしっかりサポートしてくれたおかげで無事その女性と成婚する事が出来ました。

都会の大手結婚相談所は、会員数が多いのがメリットですが、多すぎてアドバイザーが全員を把握することはできません。

しかし、ご紹介した口コミの様に田舎・地方の地域密着型の結婚相談所は、会員数は少ないものの、アドバイザーがしっかりと会員を把握し、自分に合った相手を探そうとしてくれます。

また、相手を探すだけでなく、印象が良く見える写真の取り方や、デートの方法まで、事細かにアドバイスしてくれる結婚相談所も多いです。

ミリ
ミリ

しっかり依頼者に寄り添った結婚相談所をお探しなら【サンマリエ】がオススメです。

【サンマリエ】は1人ひとりに合ったお相手をハンドメイドでご紹介。

じっくりヒアリングをし、「本当の」人柄から、担当スタッフが自分いに合うお相手を紹介し、結婚が決まるその日までサポートしてくれます。

サンマリエ

【サンマリエ】無料相談はこちら

婚活方法③ 婚活アプリ

もし、【行政の婚活パーティー】や【地域密着型の結婚相談所】への参加はハードルが高いと思う人には、婚活アプリがオススメです。

ミリ
ミリ

婚活アプリなら、田舎・地方で婚活しづらいポイントをしっかりカバーしてくれます。

利用者が豊富

まず、婚活パーティーや結婚相談所など実際会うシステムより婚活アプリは利用者が多く、出会いの数も豊富です。

人口が少ない田舎・地方には利用者が多いのは大きいメリットです。

検索方法が豊富

婚活アプリは年齢の他、収入や職業、趣味などから検索することが出来ます、

結婚適齢期の若者を探すことはもちろん、希望のタイプの異性を簡単に見つける事が可能です。

周囲の目を気にしなくて良い

婚活アプリはスマホかパソコン一つあれば

  • 「いつでも」
  • 「どこでも」
  • 「好きなタイミングで」

1人で婚活が出来るので、周囲の目を気にすることがありません。

自分の婚活の噂が広まる事もなく、自分のペースで安心して婚活を進める事が出来ます。

コスパが良い

婚活パーティー・結婚相談所と比べて婚活アプリの方が安価で使用できるので非常にコスパは良いです。

・【結婚相談所】
平均費用 15万〜30万円

・【婚活パーティー】
平均費用 男性 7000円 女性 3000円

・【婚活アプリ】
平均費用 男性 4000円 女性 0円

婚活アプリは基本的に月額料金なので、どれだけ多くの異性と出会ったとしても追加料金は発生しません。

「好きな時間」に「好きな場所」で「お金をかけず」お相手探しが出来る婚活アプリは金銭的にも時間的にも非常にコスパが良いと言えます。

田舎・地方向けの婚活アプリの選び方

田舎・地方の婚活アプリの選び方で最も重要なのは次の4つ

婚活アプリ選びのポイント
  1. 利用者数
  2. 検索機能
  3. 顔出ししなくて良い事
  4. 身分証明の提出が必須

①利用者数

まず、婚活アプリ選びで重要なポイントが【利用者数】です。

せっかく婚活アプリを始めたのに、周囲に利用者がいなくては意味がありません。

【利用者が多い=出会いの数が多い】

という目安にもなるので、必ず利用者が多い婚活アプリを選びましょう。

②検索機能

検索機能が細かい婚活アプリもオススメです。

田舎・地方は平均年収が低く、年収が高い人と出会うことは難しいと言いましたが、婚活アプリなら年収で検索することも可能なため、年収が高い人を探すこともできます。

他にも

  • 【子供の希望】
  • 【結婚時期】
  • 【タバコ・ギャンブル】
  • 【将来引越し可能か?】

 

といったお相手に聞きにくい事まで検索が出来る婚活アプリもあります。

検索機能を活用すれば自身の希望に沿った異性を見つけやすくなり、スムーズな婚活が可能です。

③顔出ししなくて良い

周囲に婚活していることを知られたくない場合は、顔出しをしなくても良い婚活アプリを選びましょう。

田舎・地方では婚活アプリの利用者の中に知り合いがいる可能性があります。

顔出しをした方がマッチング率は高くなりますが、身バレを防ぎたい場合は、仲良くなってから顔写真を交換する方がいいでしょう。

④身分証明書の提出が必須

身分証明書の提出が必要な婚活アプリだと、より安心して使うことができます。

悪質な利用者だと、自身の職業に嘘をつく人もいます。

そのような人にひっかからないためにも、身分証明書の提出が必須な婚活アプリを選びましょう。

ミリ
ミリ

これら4つのポイントを押さえてオススメの婚活アプリを3つご紹介します。

どれも成婚実績が高く、婚活に特化しているアプリなので田舎・地方の方でも素敵なお相手が見つかりますよ♩

田舎・地方の方にオススメの婚活アプリ2選

早速、田舎・地方の方にオススメする婚活アプリを2つ厳選してご紹介します。

田舎・地方にオススメの婚活アプリ
  • 【youbride】ユーブライド
  • 【Marrish】マリッシュ

【youbride】ユーブライド

運営会社株式会社Diverse
累計会員数180万人
利用者の年齢層女性:34〜39歳
男性:35〜45歳
リリース日2014年2月
登録方法Facebook or Twitter

Youbrideは婚活に特化したアプリでIBJグループのDiverseが運営しており、数ある婚活アプリの中でも最大級の人気を誇ります。

youbrideは婚活特化型のアプリと言う事もあり、婚活のサポート機能やコンテンツが非常に充実しています。

その為、婚活に積極的な会員が多く、公式ではyoubrideで結婚した人は3ヶ月以内にお相手を見つけられていると発表されています。

また、youbrideは誰でも簡単に使いこなせるシンプルな操作性で、利用方法もとても簡単です♪

たったのこれだけで難しいやり取りもない為、ネット婚活やスマホの操作に慣れてない方でも安心して利用出来ます。

初心者でも使いやすく、結婚を前提に真面目な出会いをお探しの方にぴったりのマッチングアプリと言えます。

youbrideが選ばれる理由
  • 婚活アプリでは業界最多!180万人の会員数
  • 過去5年間の成婚者が10708名の実績
  • 婚活に特化している為、婚活サポートやコンテンツが充実
  • 婚活向けの為、プロフィール詳細の記入率が高い
  • 専任スタッフが24時間体制で会員審査と監視


業界No.1の成婚実績を誇る
婚活アプリ!
youbrideを無料でインストール

youbrideの口コミ・評判を見る

【marrish】マリッシュ

運営会社株式会社マリッシュ
累計会員数約80万人
登録料金無料
利用者の年齢層女性:30代〜40代
男性:40代
ユーザーの男女比男性:女性 7:3
リリース日2016年11月1日

マリッシュは再婚活に特化したマッチングサービスですが、初婚の方でも問題ありません。

マリッシュでは他のアプリよりもバツイチや年齢に理解のあるユーザーが多く、結婚や交際に繋がりやすいのが特徴です。

また、マリッシュでは義務ではありませんが男性は【年収証明】をする事が出来ます。

年収証明されている男性なら女性も安心してお相手探しが出来るのがマリッシュの強みです。

【マリッシュ】のオススメポイント
  • 【婚活目的】【年齢層が高め】の為、出会いに真剣な利用者が多い
  • 婚活アプリでは初の「あんしん通話機能」で搭載
  • 男性は収入証明をする事が出来るので、女性の婚活も安心
  • 【監視専任スタッフ】と【監視システム】二重のパトロール体制で悪質ユーザーを徹底排除

収入証明と年齢確認で安心度バツグン!
marrishを無料でインストール

marrishのの口コミ・評判を見る

【まとめ】田舎・地方に合った婚活方法を見つけよう

今回は、出会いがない田舎・地方住みの恋活・婚活について、異性と出会える方法をご紹介しました。

都会の婚活と、田舎・地方の婚活では異なることが分かったと思います。

是非、今回の記事を参考にして、ご自身の環境や好みに合った婚活方法を見つけ、積極的に婚活を進めましょう。